FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

高齢者ワクチンの予約

Bonjour

社会でいま話題になっている高齢者のワクチン接種
私も高齢者の母の予約をとるのに スマホで。 朝一は予想通り繋がらず、無駄な時間を使いたくないのでさっさと諦めて数時間後に再びトライ すんなり 予約完了 ほっとしました

とはいえ、、、廻りの高齢者さんたちは大騒ぎ 電話がつながらない パソコン持ってない パソコンあってもできない スマホない などなど・・・
そりゃ~~そうですよ。 それを封筒に説明書を数枚入れて予約とれ。てか 説明書を読むだけでも大変なのに、、電話がすんなり通じるならまだしもです。こんな高齢者に優しくない行政の在り方を私は目の当たりにして怒りさえ覚えます
母はいいですよ。私がいるし、でもそういう環境じゃないおひとりさまだってたくさんいます。
わが市は埼玉の狭山市というところですが、 あろうことか、、、 5/10のNHKのニュースで狭山市役所が高齢者に代わって予約をとるサービスをして 勝ち誇った顔していた市役所の職員がテレビに。 きけば その予約を代わってしてもらうために2時間以上 密のなかで並んで待っていたと。そういうことは報道されない 報道しないNHK。どういうこと? 負の部分は報道しないのはおかしいです。そして 助かります って言っている老人一人だけの取材。 本当は困っている高齢者の方がほとんどなのに おかしい 

私がいま仕事をしている小諸市は、地域で日にちを決めてワクチン接種です。予約取る必要はない。その指定された日がダメな人だけ電話して変更する。素晴らしいと思いませんか。どうしてもダメな人だけが電話するなら そんなに回線も込まないし、できないパソコン必要ない スマホも要らない
行政はできない無理なことをさせておいて サポートしてやる どうだ市民のためにやっているだろう じゃなくて サポートしないですむような高齢者側にたった思いやりのあるやり方を考えるのが市の仕事なんじゃないかと思うのです。とりあえず ほとんどの市区町村のやっているやり方をそのまま丸投げしておいて、 その上でじゃサポートしよう じゃなくて
上から降りてきたことを これで本当に我が市の高齢者たちは大丈夫かと 考えて考えたあげく こうしたのか・・・・ってことですよ。
小諸と同じようにしろ と言っているわけじゃなく、 各々の市民の状況を考え、病院の体制 高齢者の数など 様々ですから画一的に他と同じ はないだろうと思うのです。そこに 本当の意味で市民の側に立っているのか見えてくる

コロナの影響を受けていない公務員の方々、経済的打撃をうけてないのですから 心を使ってお仕事してくださいませ
市議会議員も同様です

Millejoies Planning
Mieko SATO
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる