fc2ブログ

自分に歯向かうものを容赦しない怪物 

Bonjour

少しまえに 悲しいニュースがありました
ナワリヌイ氏がお亡くなりになられたようです お悔み申し上げます
なんだか 怖いな~~と思ったのは私だけじゃないのではないでしょうか。。。
病死なわけがないと みんな思っているのでは? 共産主義の恐ろしいこと、、、お気の毒なのは彼のお母さま
遺体に会わせてももらえないようで。病死なら遺体はお返ししてもいいと思いますけどね

自分に歯向かうものは容赦しない怪物が いま普通に大国の指揮をとっていると思うと怖すぎて。その国の方々はどうしてわからないのか、わかっていてもどうすることもできないのか。。。

日本も戦争は国家新党なるものに操られていたので、人間同士を殺しあう戦争は どんな大義名分があろうと悪です そしてそれを悪とわからないのは 無知です

なんだかきな臭い 一触即発のいま、ダメなものはダメと  できないものはできないと 言える自分にならねばと思います。なんでもかんでもあいまいにし、はっきりさせることをよしとしない日本の習慣をすこしずつ変革していかないとです。じゃないと 平気で何千万も申請 申告せずに 知らんぷりする政治家を野放しにする国がかわりません。そして80歳すぎても大きな立場を譲らず、老害になっているのに気が付かない人間も野放しにしてはいけません どの世界も その80すぎのおじいちゃんが席を譲れば どれだけお金が節約できるか、、、
はやく 気がついてほしいと願います

Millejoies Planning
Mieko SATO

入管法改定 

Bonjour

いま 騒ぎになっている入管法の改定。 
山本太郎氏が暴力的になったほどの検案。 まー暴力はいけません 言い訳は通用しません。どんなに正義のためだからといっても人に危害を与えた時点で それは正義ではなくなります
とはいえ 今回の強行 改定に少々

数年前、名古屋の入管で、スリランカ人のウィッシュマ・サンダマリさん(33歳)の死亡事件は記憶に新しいです。
あの時もなにがおこったのか 明確にならないまま、、、
そんなことがあっての改定。なんか おかしい なんのための改定か。
法務省は腐っているのではないかと疑いたくなるのは当然のこと。法務委員会もどうなっているのか

日本人として恥ずかしくて仕方がないです こんな法案がまかり通る国の人間かと思うと悲しすぎます
官僚や政治家は人間としてどうなのか と思うこと多々です。もう少し思いやりのある人間が国の中枢にいてほしいと願うばかりです。

Millejoies Planning
Mieko SATO

国会議員たちへの提案 

Bonjour

2023年が始まり、あっという間に1/12 が終わりました 
今年はなんとも雪の被害やら 寒波の被害やら で日本列島は大変なことになってますが、これは地球規模らしく。
ヨーロッパでは暖冬だったりと 人間の力ではどうにもならないことが起こってますね

日本においては 今頃 少子化大変だといって お金ばらまき始めたり、制度変え始めてますが、今頃何言ってんだよ
そうかと思えば 戦争にむかっていくような政策に与党は進み始め 戦争のためにお金使うなら政治家たちの自腹でしろ あの方々は自腹で日本のためになにかしようとしたことあるんだろうか

政治家は本当に国民を思ったり 日本をよくしようと 思ってんのかといつも 彼らの発言を聞くたびに思います。
ある方が言ってましたが、全体の人間が減ってきているのに、どうして国会議員や市議会議員 県会議員の数は減らさないのかと。
ごもっともじゃないですか?国会議員や議員のお給料は税金なわけで 納める国民の人数が減ってきているのにいままでと同じ数の議員の給料を賄うのは あまりに理不尽。 数を減らさないのなら 報酬は半分にするとか なにかしないとどうにもなりません。
個人的には もう75歳以上は自動的に完全リタイア―していただく。これでどれだけ 対策できますか!かなりです。老後は 経済的に困っているはずはないので 無償でサポートをしていただく。私の提案 いかがでしょう

少子化も大変ですけど 高齢化による人の確保 コロナ対策 自然災害 エネルギーの確保 自給自足への道 などなど 戦争にお金つかっている場合じゃないのです そろそろ というか 一刻も早く 拝金主義を捨てて、人道主義の道で日本を守ってほしいと思います。政党でいがみあったり 喧嘩したり 足を引っ張るなどという 幼稚なエゴイストを捨てて 党を超えて志のある人が人道主義の日本を作ってほしいと思います。

そして国民は なにも考えないアホでいてはいけません。おかしいものはおかしいと、同調圧力に負けることなく 主張する責任をもって日本国民でいることが大事です。なにも考えず、選挙もいかず 声も出さない それでいて政治家を批判するとしたらそれは政治家以下であるといえるのではないでしょうか。 国民が賢くなり 声をだせるようになれば 政府もやりたいようにできずらくなりますから。 それはどんな組織でも言えること。同調圧力に弱い 忖度の美 以心伝心 沈黙は金 などなど いまの時代には 美といえない文化がまだまだ残っています。 その文化が成り立っていた時代は幸せだったのかもしれません。しかし いまは違います。早く 一般人が精神性をたかめるときです 手遅れになりませんように

Millejoies Planning
Mieko SATO

本物の国葬 

Bonjour

2022年9月8日 イギリスの女王がこの世での使命を終えて、次の使命の地へと旅立ちました
新たな使命の天地まで ちょっとだけお休み されているのだと私は思います。
私は悲しいとは思いません。寂しさはありますが、悲しいわけじゃないです。本当にお疲れ様でしたという気持ちで
いっぱいです。96歳という年齢でご公務をされるのはどれだけ大変であったか、ゆっくりお休みくださいと思うわけです

イギリス王室もいろいろありましたが、それでもエリザベス女王の存在は大きかったですね
私が30年前にフランスへ遊学し、1993年の帰国の前に母と妹と妹の友人親子がロンドンに旅行に行くというので フランスから合流したのが29年前。母と妹 妹の友人親子が日本に帰ったあと、一人でバッキンガム宮殿を散歩していたとき、エリザベス女王が車から出てこられたのをいまでもはっきり目にやきついています。本当に美しかった。当時エリザベス女王は67歳 まだまだ バリバリにご公務をされていたころです。綺麗な紫色のスーツでした

こういう方が国葬をされるんですよ。19日まで一般人の弔問が許されるというので 4Kmもの行列になったとか、外国からもたくさん来ている、一般人が。まさに名実ともに国葬です。どっかの国のなんちゃって国葬とは違うのですわ

本当に本当にお疲れ様でございました、エリザベス女王。さようなら

Millejoies Planning
Mieko SATO

暗殺 

Bonjour

今日は安部元総理のお葬式。なんと悲しい なんと悲惨な現実でしょうか
別に安部さんの支持者ではありませんが それでもあんな形でのお亡くなり方はどうしても納得いかないですね

今回山上とかいう犯人がやったかのように もちろん現行犯でしょうが、本当にこの人だけがこの人の意思でやったのでしょうか。私には??がたくさんつきます。そのうえ 精神鑑定とかいわれて不起訴になる流れ。えー---って感じです。

まず、どうして前日に急に奈良に変わったのか
どうして ゆっくり安部さんの背後を歩いてきた山上を警備は止めなかったのjか
どうして警備が 安部さんをしゃがませたり、多い被るみたいに警護しなかったのか
安部さんのほうが 壇上にいて 山上が下から打っているのに どうして首から心臓に向かうような傷があったのか

理解できないことが多々 受け入れがたい偶然の数々。山上だけの単独犯ということを疑わざるを得ません。政治家ですから 畳の上では死ねないというのはわかっていたかとは思いますが、この日本でまさかと思います。

あまりにも不意にやってきた悲しい現実、 まさに真実は小説より奇なり

いつ何がおこるか いつ死が訪れるか 誰もわかりません。だからこぞ今を大事に いつどうなっても悔いがないように生きなければと今回 強く思いました 

安部元総理、さようなら。

Millejoies Planning
Mieko SATO