fc2ブログ

Category for  [絶対悪 ]

終戦の日 

Bonjour

お盆やすみも終盤。もう帰省から戻る戻りはじめることでしょうか。この時期はで終戦の日が近いので戦争の悲惨さを伝える番組の放送されます。なにを聞いても ひとつもいいことのない戦争。 いいことどころか悲惨の2字しかない。残酷の2字しかない。
それなのに それなのに  大馬鹿野郎の 麻生太郎は台湾でなにを言ってきた? 帽子なんかかぶってにやけている場合じゃね~~
あいつは アホか? それは知っていた でも あそこまでのあんぽんたんとは知らなんだ。と思っているのは私一人では絶対にないですね。

戦争をあおるような話をして 万が一そうなったら 麻生お前が戦争に行くのか? 麻生お前のファミリーから青年を出すのか?
な~~んて 言えたらどんなに すっきりするだろう。と思ったりしました。
戦争を肯定するひとたちは そうなったとき まず自ら先頭にたっていくのか、だいたいそういう人たちは戦争に行っても使えないような 老人たち。。。 これぞ老害といわずになんといえばいいのだろうか
戦争を反対するべき立場の人たちが 肯定してどうするのだ?
防衛費2%増 を認めた 自公の国会議員たち そうなったら まっさきに戦地へ行っていただきたい
命がけで 戦争肯定の法案を止めなかった党は すべて戦争肯定とみなされても仕方がありません。

何度もブログに書いてきましたけど、 もう80歳以上の国会議員は退職してもらって、元議員の給料を半分にし、本当に使わないといけないところへ廻すというのはどうでしょう。給料が半分になろうが この国のためと思って働く人間こそ 国会議員になるべきです。とはいえ 給料が半分になっても ゆうゆうと生活できる金額なんですから全く問題ありません。
そうすれば癒着も減るだろうし、不要な豪遊も減るだろうし、不要な海外視察もしなくていい、交通費といわれる月に100万も廃止、いろんなところにメスをいれれば、国の収入が得られます
それから なんでもかんでも 子供にお金を配るのもやめる。お金を組まるのではなく教育費の無償化をする。お金をばらまいてもなんの意味もありません。子供のために使う親ばかりではありませんから 本当にお金の問題で子供を産まないなら教育費の無償化は大きく貢献できるはずです

僕たちは戦争を知らない というテレビ朝日 の番組はとても反戦のメッセージがちりばめられていました 
あの取材にいった青年たちが 戦争というのは人を殺してくることなんだと 深く心に刻まれたのではないでしょうか
お国のため なんかじゃない(そう話してくれたご婦人が本当の政治家) ただの人間の殺し合いなのですから。 万が一戦争になったとき 人を殺しに行く くらいなら 牢獄に入った方がいいと思える青年が増えてほしいと願います。理想だといわれればそうかもしれません。でも理想に向かわないでどうするのでしょう。
 全青年がもしそうなったら 戦争はできませんから・・・ 国民が無知 だから利用されたんです。お国のためという大義名分で。それが間違っているといえる知性と勇気をもつ青年たちが増えていくこと祈ります

終戦の日を前に 深く強く祈ります 羊1000匹より獅子1匹に。。。羊は政府の思うツボ

Millejoies Planning
Mieko SATO