FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

お買いになるなら説明しますけど、、、って

Bonjour

先日、長野の東御市(とうみし)という街に、昔、教会だったところで東御のワイン販売とレストランをしているところがあると聞いて行ってきました。あえて名前は書きませんが、、、小諸のワイナリーは存じ上げますが 東御はあまり詳しくないので勉強のため。。。これからワイナリーツアーを考えてましてお話を聞きたくて色んな方からそのWC(ワ○○チャ○○)で話きいたらいいよとアドバイスされたので行ったわけです。ただで話を聞くのも悪いので ランチをそこでわざわざして・・・

だから言うなれば私にとってはランチはついで だったわけですが、、、最終的にランチをしにいった形になりました
ランチのために入るときから いや~~~な予感はしてました。 お客って私たちよね?って思うほど無礼な聞き方。仏頂面で「何名ですか?」普通 愛想よく 「何名様ですか?」じゃない? 私は普通の人より愛想を要求するほうじゃないけれど、その私が
この人ほんとにサービス業の経験あるのか?って思うほどで、なんだか怒られている感じ
でも きっと恥ずかしがり屋であまりニコニコできないのかな って理解しようと努めていたけれど、どうやら恥ずかしがりでもなく、サービス業の経験がないわけでもなく、ただの上からの人間だとすぐわかりました すでにかなりの年齢だから手に負えない。若い子で接客できないっていうなら許せるけれど。できないのではなかった。私たちのあとにいらした白髪の紳士(馴染みなのか)には ニコニコして接客。 なんだこの人笑えるんじゃん、だとしたら 私らへの態度はなに?。。。

極め付けは、、、私が遠慮気味に ランチのお時間はお忙しいからワインの説明は難しいでしょうか?と 1歩も2歩も下がって伺ったその返事、、、聞いて驚くなぁああ~  「お買いになるなら説明しますけどぉ~」  信じられますか? お店の人ですよ。ワインを売っている人ですよ。買うかどうか あんたの説明がいいか悪いかだろ って言い返したかったけど そこはぐっと飲み込んだ。この人と同じレベルになり下がりたくない。「結構です。」と 一言告げて静かに店をでました。ここは2度と来ないし、ここを紹介することも絶対にない。ましてやツアーに入れることは私は絶対しない。こんな失礼な人が長野の人と思われたらまじ困る。(後日談ですが 彼女は長野の人ではないらしい。ホッ!) あんな人間性の欠落した人にあったのは久しぶり 

東御のワインなら ワイン&ビアミュージアムに行けば説明書きがあってだいたいわかるし、試飲もできるので充分です。こちらの接客担当者はと~~ても感じよくて ここならツアーでも連れてこれますから。こちらで決定でございます

弊社で例えたら
「うちでフランス旅行申し込むなら フランスの説明しますけどぉおお~」 っていうのと同じでしょう? フランスを知らない人がフランス旅行を迷っているところに、申し込むなら説明するよ なんて口がさけても言えないです。フランスを愛していればこそ そんなことは絶対言えないのですよ。よく知らないなら、また迷っているならよけい 説明しようと思います。
きっとWCのサービスの人は東御のワインを心から愛してないのです。私にはそうとしか思えません。東御のワインの作り手さんたちをバカにしていることにつながる。本当におったまげる事件でした。あんな人 本当にいるんですね・・・あの人からしか東御のワインが買えないなら 一生飲まなくてもいいですわ。幸い ほかでも全然買えますから 君子危うきに近よらず。 

Millejoies Planning
Mieko SATO

事実と真実

Bonjour

人は大きくわけて 「悲観的」か「楽観的」か、、、前向きか 後ろ向きか 、、、物事のとらえ方によって 見えてくるものが対局のものとなることを再認識することがありました。 真実と事実 
「事実」はある意味で、誰にでも見える。しかし 「真実」は、それを見極める目を磨かなくては、決して見抜くことはできない。 とは人生の師の言葉。

倹約をしている人をみて ケチ に見える事実。 その奥にある真実を見抜けず その人を批判する。
ある人は こんなにものを大事にして素晴らしいと思う   ある人は こんなもの捨てて新しいものを買えばいいのにケチねと思う。 同じものをみて それぞれ感じることが違うのです

ちょっと傷んでいても質のいい美味しいものを安く買おうとする人
質がそんなによくないけれど 新しい傷みのないものを高くても買おうとする人
ちょっと痛んでいても質のいい 美味しいものを買うには実は それを見極める経験が必要だから 素晴らしい と私は思います。でも なかには 理解できない人 もいるんですよね、そしてその人を批判する。そういう人はいつも 眉間に皺がよっているもの、、、なかなか笑顔ができないのです。どんどんそういう顔になります。年を重ねれば重ねるほど、生き様が刻まれるのですから。。。お気の毒です。

要はその人の 「境涯」ですね。 人間としての「格」が問われます。
事実といっても 一断面のみ見れば「真実」と全く違った様相を呈する場合もあるのですね・・・

同じ「事実」を前にしても、そのとらえ方、見方は、人によって異なります。ゆがんだ鏡には、すべてがゆがんで映るのです。ゆがんだ心の人には、一切がゆがんで見えてしまいます。物事を見極める眼力-それは、自らの境涯で決まのです。

もちろん完璧な人など 一人もいないのですから、すべてを認めるのは難しいしょう
自分と合わないという人もいるでしょうし、理解できないと思うこともあるでしょう、 でも そう自分が思っている相手にも 自分には叶わないその人じゃなければない いい所が必ずあるのだろうな~~と 相手を認めようとする 「境涯」の大きさがあれば、眉間に皺がよることはなくなるのではないかと思うのです。自分もそうでありたいとねがっています。

自分が健康で元気で明るく この先の長い人生を歩くためには、まずは ポジティブシンキングでいくことです。ポジティブって実はとても勇気がいることであり、努力の上にのみ成り立っていられることじゃないかと思うのです。
なんでもかんでも 悪くとらえ 文句ばかり言っているほうが どれだけ楽でしょう。 楽な道にはかならず落とし穴があります。

迷ったら楽じゃない方の道を選ぶ、、、これ私の選択方法。


Mille Joies Planning
Mieko SATO



出ていけぇええ~~~

Bonsoir

みなさま ご覧になられました? 今村復興大臣の失態 
たまたまつけた TVから飛び込んできた。。。え これ誰 大臣 まさかうそでしょ なんて教養のないお・と・こ
あんな ひどいおとこみたことない あんな教養のない 権威的な人間が大臣。。。ありえない
大臣って どんな人がなれるの。。。。って思っちゃいました。
出ていけ とか うるさい とか あんな言葉を発するのは 図星だからですよ。ってことは 無責任な仕事しかしてないってことじゃん  さいてい最低だ・・・おまえが出ていけ って言いたい。辞任しろ 今村!って感じです

みなさん あの映像みて そう思いませんでしたか?

よく親が子どもに いうセリフみたい・・・親は子供に本当のことを言われて非難されると 親だという上からの考えから「出ていけ」とか「うるさい」とか連発する。 ご主人が奥さんに言ったりもする。 それは 自分が上 だと思っているからでてくる言葉なのですね。そして 言われたことが あまりに当たってて それを自分が下だと見下している人間から言われるので やばいって思って自分のおろかさを隠さないといけないので吠える どなる 
なんて愚かな人間性の低い 行動でしょうか・・・・言われている方が言っている人間を哀れに思ったりする。

力のない人間ほど 吠える  弱い犬ほどよく吠える とはよく言ったもんです

個人的には あんな人間性の低い人間を大臣にしておいてはいけないと思います、即刻 辞任して頂きたい。ましてや 復興大臣ですよ。人の痛みをわかってあげられる人間がやってもらいたいのに あんな バカに任せておく安倍さんも安倍さんです。

日本人は思っていても(わかっていても)言わない人種と言われますけど、、、、悪いことをしている人をみて黙っていたら 悪いことをしなくても悪い人と同じです そうは思いませんか

Mille Joies Planning
Mieko SATO

ああ 勘違い

Bonjour

いま さかんに取りざたされている安倍首相の奥さん昭恵夫人の話題
首相の奥さんだから 本当はすご~~~く 気をつけなきゃいけないのに。。。軽すぎ。どこが・・・・あああ~~一番上にくっついてるものがでんがな
ま、、、お嬢さんなんですね あの方。同じ年の私としては考えさせられます。
あまりに苦労しらず、世間知らずの聖心女子ご出身の50歳すぎたお嬢様あ~~~毒はいている?
ま KANさんの奥さんよりは はるかにまだ救いようがありますけど 
安倍さん もしかして 奥さんに足をすくわれちゃうのかな
それもまた仕方ないか

私もいろんな方のフランス旅行のお手配などさせていただく機会があって、ま いわゆる有名人とか企業の社長さんとか、組織のTOPとか もろもろの方もいるわけですが、、、本当に「ああ 勘違い」の奥さん居ますおもわず 笑っちゃう こっちが恥ずかしくなりますよ。
ご主人がちょっと有名なくらいで 自分まですごい と勘違いしている あんぽんたん
ま そんな奥さんはそのご主人もそんなもんで。。。本当にすごい人は 奥さんもまた素晴らしいわけで、、、「ああ 勘違い」女ではないのです。 ということはですよ、、、、 安倍さんも同じくらい てっぺんについているものが 軽~~~いって ことですわ

ファーストレディーっていうのを形でとらえて コンプレックスをうめようとしたのかもしれないけれど、、本物のファーストレディーっていい大学を出ているとか、特別なことができるとか、そんな表面的なことじゃないのではないでしょうかね・・・偽物のファーストレディーにたぶらかされて大失敗 
あああ お気の毒。
自分を常に磨くこと、驕らないでいること、地位が高くなればなるほど気をつけないといけない点ですね。
肩書をすべてとって はだかの一個の人間としてどこまで人間としての魅力があるか・・・・これは私にとって人生かけて目指す道です。

Mille Joies Planning
Mieko SATO
2017年03月29日 | 人間性 | トラックバック(0)件 |

フランス在住の日本人のああ勘違い

Bonjour

昨日、ブリュッセル在住の友人とその友人宅で女子会(17時から始めた2人の女子会は23時になっても話はつきない
でも 私は終電が迫ってきたので急いで帰宅 ま 彼女と会うといつも話は盛り上がるのです 会えない日々が長いので、、、って 恋人じゃないのですけど

それで今回も盛り上がった話の中で、、、フランス在住の大いなる勘違いをしている日本人たち の話。
彼女はブリュッセル の前はロンドン在住 その前は フランス ルマン に在住 お仕事はフランス語の通訳。フランス人のご主人のお仕事の関係で転勤族・・・てな わけでフランスはよ~~く知っているし 今でもお仕事でフランスを廻ってます。(フランスに仕事でいく日本人のための通訳など・・・) 優秀なのに飾らない普通の人 ま 本当にできる人って普通ですけどね

それで我々が盛り上がった 勘違い日本人の話ですが・・・私がルマンであった日本人でお店(お菓子屋)を経営している人とか(名前はいいませんけど) 今回訪れたBeaune のレストランBの日本人の話とか 
どうして フランスに住んでお店とかやっちゃうと あ~~~なっちゃうのか・・・ 
日本人くらいでしょうかね フランスで同胞の人間に冷たいのは。おかしいです。
今回 Beaune のレストランであまりに勘違い甚だしいサービスの女性の態度に 私より 一緒にいたブラジル人、ハンガリー人、ロシア人、デンマーク人、ポーランド人、中国人が その女性にブーイングでした。(たぶんシェフの奥さんかな)なんでMieko が日本人ってわかったのに あんな態度なんだ~~ 俺たちならBisou したり 本来は出さないお菓子だしたり する!って それが普通でしょ。別にお菓子だせとかお酒サービスしろとかなんて考えてない でも 「日本の方ですか?ようこそいらっしゃいました くらい 言えないのかってね。
何を勘違いしてるか 見てるこっちの方が恥ずかしくなるほどの 傲慢ぶり 天井みて歩いている感じ。そのうえ 仏語もおそまつ 英語も仏語も完璧ならまだしも でもできる人はあ~~なりませんから
フランスで店やることが そんなに偉いのか って み~~んなで 10名ほどいた観光関係の我々のグループの方はここはサービスはダメね 昨日のレストランの方が★はなかったけどとってもサンパで気持ちよかったね と。私も同感だったけど、でもそういうことを聞くとやっぱり日本人として残念だし こうやってすこしずつ日本人の評判が悪くなるのは悲しいなと。

ルマンのお店もしかりで。。。ルマンの観光局長が同じ日本人だからと良かれと思って連れていってくれたんですけど。(なんでフランスまでいって日本の店なんだよ って思ったけど 局長の気持ちはわかるし ここはもしかしたらフレンドリーかもと期待し。。。 本当なら日本人がきたら ようこそ なわけですよ)
でも ここも想定内でした だから私は 敢えてフランスでは日本人のお店は極力いきません。感じ悪いから・・・
勘違い日本人だらけで そのたびに悲しくなるので

もうそろそろ フランス在住の日本の方々 気が付かないとやばい ですよ レストラン お菓子屋 お花屋さん などなど 日本人の活躍は素晴らしいものがあります。もちろん どんなに才能があっても(あるからこそ)謙虚な日本の方もいらっしゃいますから 全部が全部じゃありませんけど、、、同じ日本人にやさしく親切にできない日本人。おもてなし って外国人だけが対象なんでしょうかね・・・・ 言葉だけの格好ばかりにならないようにしたいものです。

Mille Joies Planning
Mieko SATO

プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる