fc2ブログ

パリがアップデート 

Bonsoir

3月のフランス出張の準備でバタバタしています。コロナあけ 初のフランスはきっとたくさんアップデートされているのだろうなと期待と不安でいっぱいです

パリではいろいろ見てきたいところはありますが、時間に限りがあり、、、今回はコロナ禍中に亡くなったフランスのおかあさん(Madame Lehner) のお墓参りにも行く予定にしているので そんなにパリの時間もないので、選択肢になにをいれるか・・・
ま~~いろんなところが リニューアルされていたり まだ途中だったり、ノートルダムも見てきたいし、話題のカフェもチェック チェック。YouTube で情報収集したりの毎日。航空券 列車のチケット 海外旅行保険の加入 羽田までのリムジン手配 などなど
もう こんなにやることたくさんあったっけ~~~って感じです。

出たばかりのCREA TRAVELLER がまさに私が見学してこようと思っていた場所 ドンピシャ でした。
いまから 楽しみです。とはいえ なんといっても 円が安すぎて、どんだけお金 がかかるのだろうか
とはいえ 金は天下のまわりもの パリに行っちゃったらもうそんなこと考えず 好きなもの食べてきま~~~す

今回 ひさしぶりに ロワールのお城にも行ってきます。ロワール地方のいいところを発見してくる予定です
そして ヴェルサイユ宮殿のすぐとなりにできた、ホテルにも 視察です

願わくば、パリが古き良きパリの時代と 大きく変わってないことを祈るのみ オリンピックイヤーで町を綺麗にするのはいいのだけれど。。。3月のパリは地下鉄が泊まっていたり 交通規制があったり ときっと大変だろうけれど、フランスは計画通りにはいかないところ というのは充分周知しているので 覚悟して楽しんできます。

Millejoies Planning
Mieko SATO

ロコタビ 

Bonjour

現在、来年 フランスへいかれる方々のお手伝いをしていて、パリの知り合いから聞いた、ロコタビというシステム。
皆さんはもうご存知ですね。 https://locotabi.jp/
とても 使い勝手がいいと思います。特に 短時間のサービスをうけたい方には最適かと思います。
たとえば 空港送迎のお手伝いだけ とか ちょっと3時間までのサポートとか。。。料金がそのくらいの単位で設定されているので
その金額ならお得です 1日単位とかになると 決してお安くはない金額になってしまいますから
長期でサポートをお願いしたい場合は やはり以前のようにあらかじめ知っている人に交渉して依頼するのがお得でしょう。
それにどういう方かわかっているのはメリットです。
 
 ロコタビの方は 知っている人ではないので、あたりはずれがあるのは仕方ないこと。ここがデメリットといえるかもしれません。
とはいえ ただの空港送迎とか ちょっとしたサポートなら当たりはずれというほどのリスクはないかと思います。
なかなかいいシステムを考えてたものだと感心しています いまはもうこういう時代なのですね。
世界中に日本人が住んでいて、ちょっとしたお手伝いでお小遣いを稼ぐ。 隙間時間のお仕事がいま日本でもかなり重宝されていますが、同じコンセプトなのでしょう。
私はさっそく登録しました。 もちろんフランスでは必要はほとんどありませんが、ほかの国に行くときは是非お世話になりたいと思ってます

個人でフランスへいかれる方は是非ご活用ください。こういうサポートシステムがあれば 本当にもう旅行会社は必要なくなりますね。これからは 本当に旅の形が変わることでしょう

弊社はこれからフランスでのイベント企画に力をいれていきたいと思っています。日本文化を紹介するイベントをパリ、ロワール地方でまずはてがけていく予定です
もう個人の観光のお客様はご自身でいくらでも旅が作れる時代です。自己責任のもと 自分だけの旅を自分で作っていかれることをお勧めします 旅行会社じゃないとできないのは ツアーだけですから・・・

Millejoies Planning
Mieko SATO

SAKIDORI 

Bonjour 

やっと やっと フランスからビジネストリップで観光関連の方々がいらっしゃいました
2020年 2021年 と開催されず 今年やっとフランスのワークショップサキドリ が東京神田明神で6月21日に行われました

懐かしい方々との再会に心が躍りました。とはいえ まだまだ今までと同じとはいかず、、、お目にかかれない方も多く。
前のように自由に行き来できる日はいつになるのでしょう

まだウクライナは戦火にあり、飛行機の燃油も高騰したり、旅行業には痛手であることは否めません
これからの海外旅行のありかたも おそらく コロナ後はコロナ前とは変わることになるでしょう。

今後は どのような旅が求められるのか 旅行業の方々は模索しています。変化に応じていけるフットワークの軽さがないとこれからの時代は生き残れないのかもしれません。周りをみても コロナで渡航ができなくなって すぐに頭を切り替えた人は今、新たな道で頑張られています。しなやかに 楽観的に 生きること これからの課題かな~~と思います。

Millejoies Planning
Mieko SATO

30年前の初フランスの旅 

Bonjour

先日、小諸で旅館を経営していた知り合いのマダムに会いに行ってきました 30年前 初めてフランス へ行ったときに飛行機 でとなりになった有子さんというマダム。マダムはパリにいる娘さん一家のところへ 私は観光で1990年11月のフランス旅でした。隣に座っただけで どうしてこんなにつながったのか 今思い出そうとしても思い出せないけれど 帰国後数年 やりとりがありました、、、フランスへの留学の時もよくしていただき フランス留学後も小諸をおとずれ 長野観光をさせてもらったり。しかし 数年前から連絡がとれなくなり、そのままになっていたけれど、今年はちょうど 会ってから30年になるし どうしても会いたいと思いたって、電話番号を探して電話してみました。その電話番号は運よく生きていて 繋がることができました
聞けば マダムは数年前心臓の手術をし、(今、ペースメーカーが入っている) そして 長年経営していた旅館をたたみ、いまはアパート経営を息子さんがしているということだった。マダムにもいろいろ大変なことがあり、変化があり、 それで連絡が途絶えたことがわかりちょっと安心しました。そして 今回会ってから30年だから是非会いたいとつげて、、会うことができましたマダムはもう79歳になってました。ペースメーカーが入っているとは思えないほどお元気でとても嬉しく思いました
感染症の治療薬がまだできない今、会っておきたいと思っている人がいたら 後悔しないようにと思って会いに行ってよかったです。フランスの母が逝ったことがもしかしたらそうさせたのかもしれません。
 小諸は軽井沢から車で約30分のところですけど 軽井沢とは全然違う日本らしい街で、以前訪れたときにはなかった駅前のガーデンもとても素晴らしく(停車場ガーデン)、ちょっとあるけば昔の佇まいが残るいい街です。旧北国街道が街中を走っていて、ちょっと走ればブドウ畑やリンゴ畑が広がり、浅間山のふもとにはこだわりのパン屋さんやチーズやさん 結構 フランスっぽい 実は小諸の気候は南フランスのリュベロン地方によく似ていると言われているんです。ピーターメイルの書いた世界が日本では小諸なのかもしれません
フランスっぽいというのは 洋館建てがあるからとか 教会があるからとか そういうことじゃないんです。 フランスの気候がフランスの食をつくるように 小諸の自然 気候が美味しい蕎麦をつくり 麦をつくり お酒をつくる そういう深い部分が似ていると言う意味です。

フランスになかなかいけない今 今年の夏は小諸へファーブルの庭展も小諸高原美術館で行われますから 何度でも足を運ぼうと思います 7/23-8/23まで ファーブルの庭展(タイトルは暫定)
そして 美味しい蕎麦に舌鼓をうち 美味しいワインを試飲したり チーズとパンを食べ歩き そして フランスにはない 温泉でゆったりと過ごす なんていう夏休みを過ごすのもいいですね。 なんといっても都内から小諸まで高速バスもあり、、、1泊2日でも充分楽しめます日程にゆとりがあれば 小諸を拠点に軽井沢へいくにも良し!温泉もよりどりみどりです。 ご興味あるかたは遠慮なくお問合せください。france@bonjour-mjp.com

Mille Joies Planning
Mieko SATO

フランス出張 苦渋の決断 

Bonjour

今日から フランス出張行く  予定でしたが、泣く泣く とりやめました。

私もこんな時期にどうなのって思っていたものの・・・でも 日本に居ても フランスに居ても 脅威は同じ。 ま衛生面では 日本の方がフランスより水準高いので 若干フランスの方がリスキー・・・ 
な~んて思っていたころは 行く気満々でしたけど、自分の体だけのことを考えるなら 持病もないし高齢でもないので フランスへ行くのは可能。でも そういう問題ではもはやなくて、運び屋となって 病気の方 高齢の方を死にいたるようなことになったら大変なわけで、 それを自分は若いし 致死率は低いのだから 関係ない と考えるのは人間としてやはり違うのではないかと思ったので
今回は延期をした次第です。いつになれば 仕切り直せるのか まだ全くわかりませんが

フランスで行われるイベントもかなりこれから自粛されるようです。当然ですが・・・

今回は パリでの仕事(ホテル廻り) ずっと行きたかった 2☆レストランへの訪問 そして 仲良したちとの再会 ということで3週間過ごす予定でした。昨年は延泊不可の仕事に参加したので パリに寄ること叶わず・・・今年はもうその仕事に参加せず 自分の仕事のためにフランスへ行くはずでしたから かならずリベンジしないとです
早く終息するように祈るのみ 
じゃないと経済もかなり厳しいことになります。(すでになっている)

今頃になって ヨーロッパはどんどん コロナの広がりを見せてきました。9日に日本公演を終えてパリへ帰って行ったパリ・オペラ座のダンサー 関係者たちもコロナにまけず 素晴らしい芸術を引き続き継承されることを心より祈っています


Mille Joies Planning
Mieko SATO