FC2ブログ

”フランス・イタリア”リピーターの方へ情報を発信するブログ。

ユネスコの世界遺産

Bonjour

嬉しいニュースです
留学していた街、VICHYがユネスコの世界遺産に登録されました
もう30年近くまえに右も左もわからない全く話せない状態で降り立ったフランスの地 VICHY。不安と期待でいっぱいだったあの日のことは生涯忘れられないです。そんな不安を吹き飛ばしてくれるようにVICHYの駅に迎えにきてくれた、豪快なマダムレネー。このよき知らせを聞くことなく、昨年帰らぬ人となりましたことは 何よりも残念です 

私が留学していたころのVICHYはあまり人気がなくて(ヴィシー政権という戦争の傷跡があり)、湯治の場所ということでお年寄りがおおかったのと、観光客も結構年配の人が多かったのです。
それでも私はとても この街 が大好きでした。1年弱滞在の中で たまにパリに遊びに行ったりしても、SNCFのアナウスがヴィシー、ヴィシーと流れると 毎回 ほっとしていたのを思い出します。帰国後もなんどもVICHYには足を運び、マダムとも留学を終えても昨年亡くなるまでコンタクトを取り続けておりました。約30年。マダムとは夜中まで語らい 泣いたり笑ったり 今でも私の心の中で生きています

留学後もなんども訪れたのは 私が通った語学学校カビラム(CAVILAM)にフランス語を学びたい方のサポートをしていたからでもあります。訪ねるたびにこの街が綺麗に整備されていくのを知っていました。とはいえ もともと プチブルジョワの街ですから オシャレで素敵な街ではありましたが、その上で更に整備されたのです

このVICHYは温泉で有名ですが、VICHY セレスタンという 水があります。炭酸水 微炭酸ですが、ちょっと塩気があります。これが胃腸の弱い私にはとても体にあって、「水が合う」 まさに! 滞在中 どんどん元気になりました。嫌いだったものが食べられるようになったり、VICHYは私にとってかけがえのない街です。そこが ユネスコの世界遺産に登録されたなんて 今年はとても喜ばしい忘れられない年となりました。 1992年10月7日に到着してから29年 来年30周年にVICHYを訪ねられたらいいな~~と思ってます。コロナに悩まされることなく
その時は VICHYにいる友人たちとできたら一緒にパーティーしたいな~~ マダムのお墓参りも。。。

Millejoies Planning
Mieko SATO

どうなってんの?日本の政治家

Bonjour

菅総理が 総裁選出馬を急きょ とりやめたのはびっくりしましたね それまで結構総裁選には積極的だったのに、、、なにが起こったのでしょうか  コロナ対策と 総裁選 両方は無理で コロナ対策に打ち込むという理由だと言ってますけど、
じゃ 最初に積極的だったころは コロナ対策に打ち込む気がなかったのか なんだか 理由としては 納得できないな~ と思っている人 多いのではないでしょうか。

9月12日までの緊急事態宣言もまたまた 延長するかもしれない とか言っているし、どうなっちゃってんの
どんどん 経済は疲弊するし、コロナ感染者は増えるし 

私は まえまえから言ってますけど、 オリンピックというのは平和の祭典なんですよ。緊急事態宣言をださなければいけないようなところで行うものじゃないのですよ。 きっぱり中止して 早いうちに感染をとめておけば この秋からもう経済活動ができたかもしれないのに。。。結局 オリンピックで得する分野を優先し、 感染が大爆発した
アスリートにとってオリンピックを中止するのは辛いことでしょうが、こういう事情なのだから 受け入れなくてはならないし、そうなれば受け入れたことでしょう。他の職業はいやおうなしに受け入れさせられている 飲食も旅行業もホテル業も。。。アスリート達が絶対やりたい と暴動起こしたわけじゃない。政治家が決定したんですよ この期に及んで まだ オリンピックと感染爆発は関係ないとか言っている人がいるのも 私には理解できないのです。 全く関係ない なんて言えるはずがないです

今日でやっとパラリンピックが終わります。9月また感染が増えていかないことを祈ります。夏までにワクチン接種をと言っていたことも実行できず、いまだに まだ半分の接種率。 重症化で苦しんでいる人が一人でも減りますよう 心より祈ります
そして マニュアル通りにしか判断できないせいで 亡くなっていく人が減ることも祈ります


Millejoies Planning
Mieko SATO

ワクチン

Bonjour

先日フランスにいる友人と話したところ、日本のワクチン接種の遅さにびっくりしていました
まだ私もこれからですし、、、人口の半分くらいしか接種が済んでいません 

そんな状況にあるなか、モデルナの中に異物が入っていたという報道がありました。モデルナのワクチンを打った人達は自分が該当しないか心配したかと思います

数日経って、因果関係はまだ明らかではないにせよ、そのワクチンを打った方のなかで数名が亡くなったとか。もしこれが原因であるなら大変なことです。スペインの工場で作られていたというので原因究明を急いでいるようです。

私もやっと31日に1回目のワクチンを打ちます。本当はもっと早く打ちたかったんですが、8月仕事でいろいろ動く都合があり、遅くなったんですが、ところがその仕事もすべて延期となり、、、(ご存知の8月に沢山の感染者が出て、あちこちで緊急事態宣言になったことをうけてです。) その仕事も目途がつきません。 緊急事態宣言は9月12日までに延期になったりました。
これが オリンピックと無関係って 言える人 いないでしょう。 そのうえ いまはこの期に及んで パラリンピックも中止せず行っている。。。パラリンピックが終わって2週間後 だいたい9月20日あたりにまた 感染大爆発となったら 完全にこのオリンピックに関係しているということになります 

オリンピックをすることに反対しているわけじゃない、オリンピックをやるならその前に国民のだいたいがワクチン接種をし終わるという条件付きでなければ やるべきではなかったのではと思うのです。最初はそんな話もあったはず
こんな状態になっても 菅総理は全く責任を感じるどころか、開き直って、頭の中は総裁選のことか・・・国民の生命が一番に決まっているとかいっていたのはどこのどいつだ と。思っちゃいますよね。

できるだけ 多くの人達がワクチン接種を行って、1日も早くコロナが終息するように祈るばかりです。

Millejoies Planning
Mieko SATO

フランスの風

Bonjour

昨年から小諸で仕事をさせていただいて、、、やっと私の願いが少しずつ叶いはじめています。

昨年海野写真家の写真展で オープニングの日にはじめての試みでフランス風にマルシェを開催したところ大成功!大雨にも
関わらずたくさんの方がいらっしゃいました。今年はお天気が禍したのか、また開催時間がよくなかったのか昨年よりオープニングの日は少なかったものの たくさんのちびっ子たちがきてくれました。写真展は無事に8月22日に終了いたしました。また来年素晴らしい写真展となりますよう私もなんらかの形でお手伝いできればと思ってます。

そして昨年からこのフランス風のマルシェが 小諸や東御市で開催されるようになりました。地元のイベント企画会社アンド23が頑張ってくれたおかげです。思えば1年前の5月 弊社がアンド23に小諸はフランスの気候に似ていると海野写真家が言ってたので、フランスに日本で一番近い街としてプロモーションしようともちかけたのが はじまり。 地元にいない私はアンド23に託すしか道はなかった。。。 
廻りの人には 小諸がフランス? と嘲笑されたり スルーされたりしましたが、、、いまは 小諸にフランス の風が吹き始めたと自負しています

9月5日ビオマルシェ 9月4日5日プレOPENまちたね

小諸に通いはじめて 1年2か月になろうとしています。たった1年で小諸は大きくかわりました。きっと何年も前からの計画が時が一致したのではないでしょうか。 駅前にはこもテラスという施設が8月22日にプレオープン。10月にはその施設に隣接した ご存知TSURUYA が グランドオープンします。TSURUYAは軽井沢で有名になりましたが 実は実は 小諸が発祥地。そしてオーナーも小諸ご出身です。昔の小諸しかしらない人は きっと おったまげる と思います。車を運転しないかたや 観光客の方には朗報 なかなか足がなくていけなかた場所もこれからは電気自動車のバスが走ります たのしみです

これから 弊社とイメルションジャポンという旅行会社で日帰りツアーをコロナ終息後 開始しますので、是非小諸にお越しください。
マルシェ開催の日に合わせて ツアーをする予定です。詳細はフェイスブックかインスタにて。

Millejoies Planning
Mieko SATO

コロナ新時代の提言

Bonjour

先週 山口周さんと齋藤幸平(経済思想家)と磯野真穂(医療人類学者)の3人がでていたNHKBS1の番組をみました。
なかなか 興味深い内容でした

その番組で紹介されていた本 ミヒャエル・エンデ著 モモ という本に惹かれ、、いま届くのを待っています
「時間」 がテーマのお話。 本書の副題は「時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語」。 小さな女の子であるモモが、灰色の男たちに奪われた時間を取り戻そうと奮闘する。 というもの。

もう読まれた方もいらっしゃるでしょう。かなり話題になった本のようです

あと いま気になっている本 「アフリカの子」 モモを読んだらつぎはこれ 緊急事態宣言下で時間あるのでいままで読めなかった本を読みます こういう時間も悪くない

Millejoies Planning
Mieko SATO



プロフィール

Mille Joies

Author:Mille Joies
フランス・イタリアの旅の
      コンシェルジュ 

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる