fc2ブログ

e sim 

Bonjour

3月12日から渡仏するのですが、今回は コロナ前から久しぶりの渡仏で ちょっと浦島太郎状態になってないか心配です
長い滞在になるので やはり通信ができる環境であるのは大事。いままで私はフランスで使える携帯と日本の携帯と2つでしたが、2019年はもうフランスの携帯はおしゃかにし、スマホで過ごしました。WIFIが以外とフランスはどこでも入っていて困ることはあまりありませんでした。ホテルはほぼ100%無料でWIFIが入っているし

しかしながら、今回は結構仕事先との連絡を取り合うこともありそうで、いつもWIFI環境のいいところにいるとは限らず、電話しないといけないことが発生したら困るし。というわけで。WIFIのルーターをレンタルしようかとも思いましたが、一度も使ったことないし、友人が空港で借りてきたのに あまり接続よくなかったり そのうえ 持ち歩くのはとっても鬱陶しいわけで、今回もWIFIのつながるところでしか連絡とれなくてもいいとしようかと思っていた矢先、、、Youtubeでみつけました、、、今はeSIMなるものがあると。
SIMを入れ替えようかと思ったりしたこともあるけれど これまた結構面倒くさい。
eSIM は入れ替えない インストールするだけでいい。こんな夢のようなWIFIがあるのか・・・
運よく私のスマホは i Phone 13 mini だから SIMフリーなので、eSIMを使うのが可能なわけです。
使わない手はないでしょう

というわけで 20日間 WIFIがつながっているので どんどんインスタをUPしていきますのでよろしくお願いいたします。
動画もいろいろUPできたらいいな~~と思ってます
どんどん 進化をつづける通信の世界。。。ついていくのは必死

手紙 やせいぜいFAX で連絡を取り合っていた 30年前の留学時代がなつかしいです

Millejoies Planning
Mieko SATO

自分に歯向かうものを容赦しない怪物 

Bonjour

少しまえに 悲しいニュースがありました
ナワリヌイ氏がお亡くなりになられたようです お悔み申し上げます
なんだか 怖いな~~と思ったのは私だけじゃないのではないでしょうか。。。
病死なわけがないと みんな思っているのでは? 共産主義の恐ろしいこと、、、お気の毒なのは彼のお母さま
遺体に会わせてももらえないようで。病死なら遺体はお返ししてもいいと思いますけどね

自分に歯向かうものは容赦しない怪物が いま普通に大国の指揮をとっていると思うと怖すぎて。その国の方々はどうしてわからないのか、わかっていてもどうすることもできないのか。。。

日本も戦争は国家新党なるものに操られていたので、人間同士を殺しあう戦争は どんな大義名分があろうと悪です そしてそれを悪とわからないのは 無知です

なんだかきな臭い 一触即発のいま、ダメなものはダメと  できないものはできないと 言える自分にならねばと思います。なんでもかんでもあいまいにし、はっきりさせることをよしとしない日本の習慣をすこしずつ変革していかないとです。じゃないと 平気で何千万も申請 申告せずに 知らんぷりする政治家を野放しにする国がかわりません。そして80歳すぎても大きな立場を譲らず、老害になっているのに気が付かない人間も野放しにしてはいけません どの世界も その80すぎのおじいちゃんが席を譲れば どれだけお金が節約できるか、、、
はやく 気がついてほしいと願います

Millejoies Planning
Mieko SATO

パリがアップデート 

Bonsoir

3月のフランス出張の準備でバタバタしています。コロナあけ 初のフランスはきっとたくさんアップデートされているのだろうなと期待と不安でいっぱいです

パリではいろいろ見てきたいところはありますが、時間に限りがあり、、、今回はコロナ禍中に亡くなったフランスのおかあさん(Madame Lehner) のお墓参りにも行く予定にしているので そんなにパリの時間もないので、選択肢になにをいれるか・・・
ま~~いろんなところが リニューアルされていたり まだ途中だったり、ノートルダムも見てきたいし、話題のカフェもチェック チェック。YouTube で情報収集したりの毎日。航空券 列車のチケット 海外旅行保険の加入 羽田までのリムジン手配 などなど
もう こんなにやることたくさんあったっけ~~~って感じです。

出たばかりのCREA TRAVELLER がまさに私が見学してこようと思っていた場所 ドンピシャ でした。
いまから 楽しみです。とはいえ なんといっても 円が安すぎて、どんだけお金 がかかるのだろうか
とはいえ 金は天下のまわりもの パリに行っちゃったらもうそんなこと考えず 好きなもの食べてきま~~~す

今回 ひさしぶりに ロワールのお城にも行ってきます。ロワール地方のいいところを発見してくる予定です
そして ヴェルサイユ宮殿のすぐとなりにできた、ホテルにも 視察です

願わくば、パリが古き良きパリの時代と 大きく変わってないことを祈るのみ オリンピックイヤーで町を綺麗にするのはいいのだけれど。。。3月のパリは地下鉄が泊まっていたり 交通規制があったり ときっと大変だろうけれど、フランスは計画通りにはいかないところ というのは充分周知しているので 覚悟して楽しんできます。

Millejoies Planning
Mieko SATO

パリ ホテルライフの醍醐味 

Bonjour

先日 あるホテルグループの方とランチミーティングをさせていただきました
世界で数か所 すべて素晴らしいホテルばかり
フランスのホテルも 知らない人はいないホテルですが、、、あまりに有名だし 高級だし で いくらお金があったとしてもなかなか泊まるまではいかないような格式があるのがヨーロッパのホテルたち
私などは お金もないし とても泊まろうとは思わない 思えない  でも やはりいつか泊まってみたい

ただ その営業の女性は 若くてもお金があるなら 超一流のホテルに泊まるという経験は大切だと。
私は 分相応のホテルに泊まるべきと思っていたのを くつがえされました。でも確かに彼女が言うように お金をためて超一流の
ホテルに泊まり どれだけ世界が違うのかを見るのも勉強になります
ね。私もこれからは考えをかえて 若い人が泊まりたいと言ってきても 勧めてあげようと考えを変えました。
たとえ 恥をかいても 自分たちがいかに世界を知らなかったかとがっくり来たとしても それはお金を払って勉強しているということになるのですね。大事なことです
ブログ ブログ2

我々の世代は 結構 超一流のものを目指してギラギラしている人が普通にいましたけど(バブルも経験しているし)、今の若い人たちはとても大人で分相応で生きようとしている人が多いように感じます。分相応がわるいわけではないし 私はどちらかというとそっち派でしたけど、あまりに おりこうで 常識的で 若い時から 小欲知足でいるのは ちいさ~~~く 固まってしまう気がします。

パリには超一流のホテルがいくつかあります。そこに来ている人たちの服装や 立ち居振る舞い (すべてが素敵な人ばかりではないけれど) こんなにもおしゃれをするものなのか とか こんなにも高齢なのに ピンヒールをきちんとはいて朝食にくるのか とか
ちょっと日本では味わえない経験を ホテルライフを してくるのも パリ旅行の醍醐味なのではないかと思います。
朝くらいうちからホテルを出て 暗くならないとホテルには戻らない 朝から晩まで動き回って写真撮りまくってくるのも旅の楽しみの一つですが、 もう一つ違う旅の楽しみ方も選択肢にいれてみてはいかがでしょうか

なんのためにわざわざ 14時間も飛行機にのって出かけるのか、、、そこでしかできないこと そこでしか味わえないもの
はなにか、、、そんな滞在ができる素敵な日本人がたくさん増えていくことを私は期待します。

Millejoies Planning
Mieko SATO



フランス出張 

Bonjour

コロナもまだまだ感染者はでておりますが、動きをこれ以上とめてはいられず、また いまだにウクライナとロシアの戦争は終わりが見えず こんな状態のときにと思ってましたが 長引きそうなので、5年ぶりにフランス出張を決意いたしました

3月半ばから末まで行ってまいります
毎年恒例の旅行業界のイベントもこの同じ時期ではありますが、自分の仕事をこのイベントと両方参加するほど長くフランスに滞在するのが 母の関係で難しいので 今回は自分の仕事だけの滞在になりそうです。以前は自分が滞在したいだけいられたので、それは実はかなり恵まれていたことなのだと最近 痛感しています。
自分以外のことを考えながら仕事をするというのは大変なものだと ここ10年くらいで思い知りました。子供がいたり ご主人がいたり 自分以外の人を考えて動いている方々 本当にご苦労様でございますと言いたいです 

出張するまえに まず 母のショートステイ先の決定をしなくてはいけません。決定までにいくつか見学に行き 決定したらしたで 家庭訪問をうけ、自分の準備は後回しで すべて 様子をみながら 航空券とったり ホテルとったり アポの調整したり・・・
まあ 大好きなフランスだから やってられるってもんで これが好きな国じゃなかったら 絶対無理

5年のブランク 大丈夫だろうかと ちょっと不安ですけど とはいえ やはり ルンルンしてきました
やっと 本業やってこれます
また その模様はFB と インスタでご紹介させていただきます。今回は動画UPも!

Millejoies Planning
Mieko SATO